ケノンとトリア髭はどっちが痛みがなくおすすめか検証

ケノンとトリア髭はどっちが痛みがなくおすすめ

ケノンとトリアでは、髭の脱毛にどちらがおすすめか?迷ってしまうこともあると思います。

男の髭は太く毛根が根深い位置にあると言われていて、脱毛に時間がかかってしまいますよね。

家庭用脱毛器として、ケノンとトリアではどっちがおすすめか?を効果と違いや口コミを紹介しながら検証しています。

新型ケノンで髭脱毛>>

\ 購入者の43%が男性です! /

mens

ケノンとトリア髭の比較検証

ケノンとトリア、髭を脱毛するならどちらがお得か?

それぞれのメリット、デメリットを検証し髭の処理にはどちらがおすすめかを紹介しています。

まずは、価格や特徴の違いを表にまとめていますので、比較してみてください。

 ケノントリア
価格69800円40537円(税込)
効果毛質や毛量によって時間がかかる(新型ケノンは出力が20%アップしています)比較的早い
痛みほとんどない痛い
照射面積広範囲(広いから早い)小さい(ピンポイント)
カートリッジあり(種類が豊富にある)なし(一体型)
重さ120g(スマホより軽い)584g
特徴全身脱毛におすすめピンポイントにおすすめ

ケノンに比べるとトリアの方が価格は安く設定されています。

髭の効果が早く出やすいのは、照射力が強いトリア。パワーが強いぶん、痛みがデメリットになります。

口周りは痛みが激しく次第に使わなくなるという事例も多く、途中でケノンに乗り換える男性は多いです。

ケノンは時間がかかります。ストロングカートリッジを使用して2年という期間を目安に脱毛していきます。

トリアのメリット

トリアを使用するメリットは、レーザー脱毛が使えることと、ケノンと比較して脱毛完了するまでのスピードが早いこと。

照射面積が小さいため、顎下の凸凹部分が脱毛しやすく照射漏れが少ないところもポイント。

トリアのデメリット

非常に痛みが強いこと。肌が弱い人は向いていません。口周りは刺激に敏感です。覚悟を決めて使いましょう。痛すぎて断念する男性もいます。

ケノンのメリット

エステサロンと同じフラッシュ脱毛が受けられること。痛みが少なく優しいこと。カートリッジの種類が豊富にあり、部位ごとに変えられること。美顔器としても使えます。

ケノンデメリット

トリアと比較すると照射力が抑えられているので、ヒゲが薄くなるのに時間がかかる(1~2年)

レーザー脱毛器より回数を多めにこなさないといけない。

照射口が広いため、顎下の凸凹部分は当てにくい。ただし、解決策は重ね射ちをすること。

ケノンとトリアの効果と違い

ケノンとトリアの効果の違いを解説しています。

脱毛器の効果

痛みが非常に強いため、トリアの方が早く結果を出します。

ただ、ケノンも高出力のストロングカートリッジを使い、処理回数を積み重ねていくことにより髭を脱毛していきます。

結局、痛みを我慢して早めに効果を出すのか、肌にやさしい照射で回数を増やしてヒゲを薄くしていくのかの違いになってきます。

早い結果を求めるのか?肌への負担を重視するのか?ですね。

口周りの皮膚は刺激に敏感です。痛みが他の箇所に比べて増してしまいます。レーザーの痛みに我慢できず断念する男性もいらっしゃいます。

ケノンは照射力が抑えられていますので、トリアより回数を重ねることで徐々にひげを薄くさせる脱毛スタイルです。

照射した後は、ちょっとごげ臭い匂いがあり、髭が濃い部分は痛みが少しあります。

脱毛器の違い

レーザーもフラッシュ脱毛も基本原理は同じです。メラニン色素に反応してレーザーや光を当てます。

毛根がなかったり、メラニンが働いてない白髪だと脱毛できません。

また、痛みの度合いが全く違いです。

ケノンは、照射力マックスがレベル10(一番強い出力)、トリアは5になります。

ケノンの最大出力10の痛みが、トリアではレベル2〜3といったところ。

これはレーザーの方がフラッシュ脱毛器に比べて高出力で処理できるという事を示しています。

トリアからケノン乗り換え口コミ

トリアからケノンヘ乗り換えた体験談レビューを紹介します。

トリアからの乗り換えです
トリアからの乗り換えです。最初から、ケノンを購入していればと後悔しています。最大の理由は、耐えられない程の痛みです。
痛みの程度は、ケノンのレベル10(最大)が、トリアのレベル2程度だと感じました。(トリアの最大レベルは5)
特にVIOとえり足は、トリアだと保冷剤で冷やしても痛みが強く、断念してしまいました。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/202137_10012094/1h4y-i0tk1-6h96_1_671309229/?l2-id=review_PC_il_body_05

トリアの痛みに耐えきれずケノンに乗り換えた体験談です。強力な出力で脱毛できる利点はありますが、途中で続けることができなくなるのは、時間もお金も結果的にもったいないですよね。

トリアからの乗り換えです。
痛みが少ない点と何と言っても時間がかからない点が気に入っています。無音設定にできる所も良いです。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/202137_10012094/1h4y-i0nl6-9sny_2_1683721365/?l2-id=review_PC_il_body_05

こちらはケノンの消音機能が良かったという感想です。ミュート機能があれば家族に気にせずに深夜でもでちゃいますよね。やっぱり痛みが少ないのが脱毛のポイントですね。

使い心地は
最高です。トリアのレーザー脱毛器から乗り換えました。トリアを買うときも高くて悩んでいましたがこちらの方が高い!!!!ですが買ってみてホントによかった!トリアだと痛すぎてでき無かった箇所も楽々レベル10できました!しかも範囲も広いから早い!使い心地は完璧ですね。きょう使い始めたので効果はまだわかりませんが効果がでたらまたかきます!

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/202137_10012094/1h4y-hzlu1-iu0si9_1_203180847/?l2-id=review_PC_il_body_05

照射面積が広いというのは髭以外の処理をするのにとても重要です。刺激が少なく広い範囲で脱毛できるというのは長く続けていくのにメリットです。

トリアからの乗り換え
昔トリアを使っていました。トリアで大体半分くらい脱毛しました。しかし、バッテリーがダメになってしまい放置。
いい加減また脱毛したいと思いケノンを購入。
トリアに比べ痛みがなく心配でしたが、ちゃんと効果ありです。レベル10でやっています。あと照射面が広くなりかなり時間短縮です。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/202137_10012094/1h4y-hzrt9-hy4zcj_1_215763310/?l2-id=review_PC_il_body_05

トリアは充電式なのでバッテリーがダメになると使えなくなります。その点、ケノンは充電式ではありません。バッテリー問題は大丈夫。重さもスマホより軽く片手で持ってても疲れません。

ケノンとトリア髭まとめ

口周りの痛みに強く、肌が丈夫で髭だけを脱毛する目的の男性なら、トリアを選択して大丈夫です。

しかし、敏感肌や痛みに弱く、髭以外の脱毛も考えてるならケノン一択です。

  • 髭だけならトリア
  • 髭+全身脱毛ならケノン
  • ケノンはトリアと比較するとフラッシュ脱毛器という性質もあり、照射力は抑えられています。結果を出すまで1~2年かかってしまいます。

    しかし、自宅脱毛のメリットでもある照射回数を増やす「自由度」の高さで対応することができます。

    脱毛回数や時間を自由に決めることができる自宅脱毛なら、髭以外もできるケノンはおすすめです。
    ↓ ↓ ↓

    新型ケノンで髭脱毛>>

    \ 購入者の43%が男性です! /

    mens

    タイトルとURLをコピーしました